不動産登記

不動産登記について

不動産の権利関係は、法務局に登記簿を置いて、権利関係を公示し、誰にでも閲覧できる状態にしてあります。
その権利関係を書き変える手続を不動産登記手続といいます。

不動産登記手続は、複雑な手続ですので専門家である司法書士にお気軽にご相談ください!

不動産登記手続が必要な場合

[例]

  • 不動産を購入する。
  • 父が亡くなったので、家を私の名義にしたい。
  • 今住んでいる家を息子の名義に変更したい。
  • 離婚するのでマンションの名義を私一人にしたい。
  • 住宅ローンを完済したので抵当権の抹消登記をしたい。
  • 引っ越したので、住所の変更の手続きをしたい。

不動産登記手続の流れ

  1. ご相談
  2. ご依頼
  3. 必要書類の収集、作成
  4. 登記申請
  5. 完了後、書類のお渡し

※当事務所は、オンライン申請に対応していますので、減税が受けられる場合があります。
詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ページトップへ戻る