債務整理

借入の返済ができなくなった場合、専門家に依頼すれば法的な手続きをとることによって無理な借金返済をしなくてよくなります。
その手続を債務整理と呼びますが、債務整理には、任意整理自己破産個人再生過払い請求の手続きがあります。
各手続きは、その方の状況に応じて選択することになります。

借金を返済できなくなると自己破産をしなければならないと誤解されている方が多いですが、自己破産をしなくて良い場合も少なからずあります。
借りたものは返すというのは当然のことですが、無理をして返済をつづけ体を壊してしまったのでは元も子もありません。

一人で抱えこまずに勇気を出して、当事務所に相談してみてください。

  • 任意整理―債権者と交渉して、3年かけて返済できる返済の手続きを行います。
  • 個人再生―膨らんだ債務を圧縮し、3年かけて分割で返済する手続きを行います。
  • 自己破産―返済できなくなった借金などを返済しないで済むように手続きを行います。
  • 過払い請求―利息制限法を超えた分の払いすぎていた利息を返してもらう手続きを行います。

債務整理を専門家に依頼するメリットについて

  • 支払の催促がなくなる。
  • 債務を無理なく分割で返済できるようになる又は債務が免除になる。
  • 債権者と直接話す必要がない。
  • 利息をカットすることにより債務が減る。(任意整理)
  • 交渉がスムーズにいきやすい。
  • 時間と手間を短縮できる。
  • 今後の生活の仕方を一緒に考えることができる。

費用

任意整理 債権者1社につき
20,000円(2社まで40,000円)+実費
自己破産申立 180,000円+実費
個人再生申立 250,000円+実費
過払い返還請求 債権者1社につき
取戻し金額の20%(最低報酬額20,000円)+実費

※別途消費税がかかります。
※実費は、切手代、印紙代、予納金を含みます。

債務整理手続の流れ

  1. お問い合わせ
  2. ご相談
  3. 受任
  4. 受任通知発送(取立てが止まります)
  5. 取引履歴受領
  6. 利息制限法による引き直し
  7. 方針決定

ページトップへ戻る